左官工事

宇都宮市H様邸の左官工事です。

今回の左官工事は外壁がメインでしたので、4人の職人さんが作業をしていました。

モルタルを塗る際にはこのような金網を下地とし、その上にモルタルを塗りこんでいきます。

作業の様子です。

継ぎ目が出ないように全体を均しながら素早く塗りこんでいきます。

モルタルはバケツに入れて運搬するのですが、すぐに空になるので運搬する人は大忙しでした。

塗る面の広さにより箆のサイズを変えたり、いろんな箇所に養生したりと様々な工夫がみれます。

また、塗り終わった箇所の周囲にモルタルの粉など付いていた場合は、水をつけた刷毛で綺麗にしたりととても綺麗に仕上げてくれます。

これは外壁の下地部分の作業になりますが、見えない所でもとても綺麗に仕上げてくれます。