建方後

鹿沼市K様邸建方後の木工事です。

床板と屋根下地が張ってありハイベストウッドを張っているところでした。

中にはこれから使う材料や工具がありますが、整理整頓されていて現場内はとても綺麗な状態です。

軒先から土台まで斜めに部材が入っています。

これは袖壁の下地で部材の長さ等は現場で大工さんが切って調整します。

耐力を持たせる壁ではないですが、風など横方向からの力を受けた際に壊れないように等間隔で部材を入れそれを柱と付けています。

こういった部材も現場合わせになるので大工さんの腕がよくないとしっかりと付きませんが、ノアホームで作業している大工さんなら心配いりません。

今回の建物は屋根が切妻で勾配もそこそこあるので小屋裏が広いです。

まだ間柱が入っていない状態なので図面をみないと壁の位置等はわからないですが、これからどんどん組みあがっていくので楽しみです。

ノアホームで開催している構造見学会で施工中の現場を見ることができるので、興味のある方はぜひお越し下さい。