木完検査

宇都宮市H様邸の木完検査です。

玄関入ってすぐにあるニッチのサイズ、取付位置の確認をしています。

ニッチにはダウンライトが付きそのライトが見えないようにとコーディネーターがこだわっていた箇所になります。

基本的に取付位置やサイズは間違わないですが、図面の表記が見づらいなどでちょっとしたずれが生じてしまうことがあります。

ですが、大工さんはとても優しいので仕方ないな~と言いつつもすぐに直してくれます。

続いてはカップボードです。

過去の木完検査のブログを読んでいる方ならなんとなくおわかりかと思いますが、木完検査では主に造作とコンセントの位置しか見ません。

構造的な部分はふだんから進捗確認で現場に行った際に確認できるので、造作を考えたコーディネーターがいる時にしか確認できないところを検査します。

この曲がった板は床の間に使う材料です。

どのように使うかは取付けが終わってからのお楽しみです。