木完検査

鹿沼市T様邸木完検査です。

木完検査では、工務部全員とコーディネーター、営業が立ち会う社内での検査です。

コーディネーターが図面を見ながら各部の寸法やイメージ通りかを見ていきます。

ニッチの高さを見ているところです。

造作が図面通りの位置に入っているか確認しています。

キッチン廻りです。

立上り壁の高さや、造作棚のサイズなどを見ます。

こうしてみると、料理をしている姿が思い浮かびます。

階段上の立上り壁です。

下を見ることができるちょうどいい高さですね。

2階子供室です。

ここでは可動棚の上りや奥行きを見ています。

この部屋には扉が2つ付いてますが間仕切り壁はなくお子様が小さいうちは広い遊び場として、

思春期の頃には間仕切り壁をつくり1部屋ずつとすることができます。

このように工務とコーディネーターと営業が実際に現場で確認することで、不安要素をなくし

より良い建物となっていきます。

また、この建物のように将来のことも考えてのプランニングもノアホームでは行っております。