防水検査

宇都宮市H様邸防水検査です。

この検査は第三者機関にお願いしているので、検査官の方が来てくださいます。

外壁側に貼る透湿防水シートの重ね代が正しいか、穴が空いていないかや配管廻りに防水テープを貼っているかなどを検査していきます。

このように配管が出ている箇所は廻りを防水テープで重力とは逆の下から貼って、中に雨水が侵入しないようにします。

また、材料運搬の際にもしぶつけてしまい穴が空いてしまった場合にも防水テープで雨水の侵入を防ぎます。

防水テープを貼る際には雨水が侵入できないようにピタッと貼り、隙間などできていないか確認をします。

続いてはサッシの下側です。

サッシを固定するためのビスを打ちますが、そのビス穴から雨水が侵入してくる可能性も考えられるので

ビスの上にコーキング材を塗り隙間をしっかりと埋めます。

検査は無事合格でした!

特に指摘等もなく検査官の方もにっこりでした。

今回の様に、ほとんどの現場で防水検査は指摘等無く合格しています。

これは防水工事をしてくださる業者さんがとても丁寧に仕事をしてくださっているおかげです。