土台敷き

上三川町Y様邸土台敷きです。

基礎と躯体とを固定するためのボルトがにょきにょき生えてます。

基礎の上に敷いてある黒いプレートは床下の通気を取るためのパッキンです。

大工さんがボルトを通すための穴をあけている様子です。

摩擦熱で木のいい香りが現場内に漂っていました。

左のボルトが基礎と土台を固定するボルトで、右のボルトが基礎と土台と柱を固定するボルトです。

このボルトに合わせて土台に穴をあけます。

土台が入るとこんな感じになります。

ボルトの右にある四角い穴に加工された柱先を入れて柱を立てていきます。

今回は土台敷きだけなので柱は立てません、建方の際に土台より上の構造部材を組んでいきます。

材料はこのようにビニールシートで養生してくれます。

今回は大工さんが地面まで養生してくれました。

現場がきれいになって作業がしやすくなりますね。

 

このように小さな気遣いによって現場がとても作業しやすい状態になっています。

業者さんには大感謝です。