基礎着工

宇都宮市N様邸の基礎工事着工です。

工事用看板や仮設電柱、ケアネットや仮設トイレなど仮設工事が終わりいよいよ基礎着工となります。

配置図をもとに各境界線からの建物の離れを出す丁張という作業をし建物の正確な位置をだします。

ピンクの糸が基礎外周の芯の位置になっています。

また、高さを正確にそろえるのもこの丁張で行います。

横に流してある木の板が基礎の天端になっていて、それを基準に深さなどを測ります。

丁張が完了したら、根切という掘り下げる作業になります。

基礎は地面から見える高さの1.5倍ほどの高さがあり、さらにその下には砕石や捨コンなどが埋まっています。

その砕石や捨コンなどを敷くために地面を掘る作業を行います。

ちょうど砕石を敷いているところの写真なので、地面よりも少し下がったところに砕石が敷いてあるのがわかるかと思います。

 

このあと捨コンが敷かれ、配筋を行いコンクリート打設となります。