建方

日光市H様邸の建方です。

柱を立て梁・桁を組み母屋・垂木・野地板・ルーフィングシートといった順番で組んでいきます。

天気予報が外れ朝から雨が降っていた為材料が濡れないようにと気を使いながら進めていました。

建物内部の様子です。

家を支えるたくさんの柱が立っています。

また、垂直を出す為に鉄パイプの仮筋交いが外周と内部に数か所あります。

屋根の野地板張りの様子です。

勾配の下側から順に板を設置し釘で垂木に固定していきます。

はみ出た部分を電動のこぎりでカットします。

全体をカットできたらルーフィングシート張りに進みます。

ルーフィングシートも野地板と同じく勾配の下から張っていくのですが、

これは屋根から雨水の侵入を防ぐためのシートなので上から重ねるように張っていきます。

シートには推奨の重ね代ラインが入っており、それに沿って張っていきます。

1枚でいけずに継ぐ部分は30㎝ほど重ねて張ります。

 

終わる頃には雨がやんでいました。

これから段々と木工事が進んでいきます。