躯体検査と屋根葺き

壬生町O様邸躯体検査と屋根葺きです。

躯体検査では、主に建築金物が図面の通りに入っているかの検査を

第三者機関のJIOが行います。

検査は金物の抜けもなく無事に合格となりました。

続いて屋根葺きです。

屋根材はガルバリウム鋼板という薄い鋼板を加工したものを使用します。

薄いので一枚ずつ人力で上げます。

屋根に上げたものを一枚ずつ手作業で張っていきます。

施工ははぜ(凸部分)を重ねてはめていくような感じです。

全体を張り終わったら少し出てる板を巻いてはぜからの雨水侵入を防ぐためにキャップをつけます。

ガルバリウム鋼板の屋根葺きはこのように施工します。

 

今後の流れとしては、外部は透湿防水シートを貼り吹付けを行いといった感じになります。