配筋検査・・・

宇都宮市M様邸 基礎の配筋検査です。

基礎は鉄筋コンクリートでできています。

なので鉄筋を組んだ際に間違いが無いかの確認として配筋検査というものがあります。

コンクリートの中に埋める形にはなってしまいますが、この土地と建物を護っていただくために設置します。

まず確認するのが、鉄筋のピッチです。

見てわかる方もいるかと思いますが、200㎜ピッチで配筋されています。

これは縦横共通となっていて、どちらもOKでした。

鉄筋の下にもコンクリートを入れなければいけません。

なので、鉄筋から決められた高さ以上あるかの確認をします。

他にも鉄筋の継ぎ目や角など細かく見ていきます。

検査は第三者機関が来て行います。

結果は無事に合格でした。

このように、第三者の目によって構造を確認しますのでお客様にはとても安心していただけています。