木工事

宇都宮市M様邸の木工事です。

先週建方を行いまして、耐震金物取付とサッシが入る壁の枠を施工していました。

耐震金物ですが、構造計算をした際に必要な金物・位置・個数がでてくるので

それをもとに取付けをしてもらいます。

吹抜け部分です。

作業の為に木の足場が組んであります。

窓になる部分の加工もされていて、窓の位置や高さがわかります。

大きめの窓が何か所もついているので日が当たっていると中がとても明るいです。

バルコニー部分です。

床面をよーく見ると勾配になっているのがわかると思います。

これはどの物件でも共通なのですが水勾配となっています。

水勾配とは雨水などが流れる最低限の勾配となっていて、バルコニーやテラスなど外にある床に用いられます。

今回は写真手前に流れるように調整して床面の施工をしました。

木工事のほかに、屋根工事も行っていました。

1Fだけ屋根が10mを超えていて端から端まで1枚の鉄板を使うので、位置ずれなどないように慎重に施工していました。

 

これからどんどん仕上がってくるので、内部外部共にわくわくです。