ENGINEERING BLOG

仕上げ工事

宇都宮市S様邸の仕上げ工事です。電気屋さんと設備屋さんが入り、器具の取付けを行っていました。設備屋さんですが、トイレや洗面台などの住宅設備の取付けです。こういった設備がつくといよいよ家らしくなってきます。また、紙巻器やタオル掛けなどのアクセ

ENGINEERING BLOG

塗装工事

宇都宮市S様邸の塗装工事です。造作や棚、枕棚といった木材で仕上げている箇所に塗装をしていきます。水性の塗料を使用しているので木に染み込み色がつきます。写真では透明の塗料を塗っています。今回は未塗装の生木を床に張っているので床にも塗装

ENGINEERING BLOG

木工事、電気工事

宇都宮市N様邸の進捗です。張り始めていますが、今回使用します床材です。パインという木を製材されたものになります。生の木を敷いていくので、木の温もりを足元から感じられます。1Fは床張りが始まっていますが、2Fは天井の下地を組んでいると

ENGINEERING BLOG

木工事進捗確認

那須烏山市O様邸の木工事進捗です。断熱材の施工が終わり、天井のボードを張っているところです。まだ壁が無いのでとても広い空間になっています。またサッシも大きなものを入れているので明るいです。リビング南の壁一杯にサッシが入っています。

ENGINEERING BLOG

木工事進捗

下野市K様邸の木工事進捗です。建方から数日が経ち建物の大体の形がみえてきました。サッシ用の開口が空けられてハイベストウッドが張られています。屋根屋さんが安全に作業できるように屋根足場も掛かりました。大工さんがサッシの取付けをしていま

ENGINEERING BLOG

器具付け状況

日光市H様邸の器具付けの状況です。外部ですが、黒の外壁ですっきりしています。基礎の立上りにもモルタルで仕上げがしてあります。エコキュートの土台と排水等の桝があります。桝の蓋にはビニールで養生されていたり、裏返しにして表面が汚れないよ

ENGINEERING BLOG

木工事

壬生町B様邸木工事進捗です。1F2F共に床を張っているところです。床材にはパインという木が加工されたものを使用しています。加工されているとはいえ生の木を使用しているのでフローリングとは大違いです。続いて天井です。下地となる胴

ENGINEERING BLOG

進捗確認

那須烏山市O様邸の進捗確認です。外壁、車庫内に透湿防水シートが張られ外観がガラッと変わりました。継ぎ目などには重ね代などの表記がされている為その通りに施工していれば問題がありません。壁がおりてきている箇所などは防水テープを貼り補強します。

ENGINEERING BLOG

建方

下野市K様邸の建方です。雲一つない青空の元6人の大工さんにより行われました。敷地が広い為大型の重機が使用できます。重機で部材を吊りながら位置を合わせ、それぞれ組んでいきます。すべての材料に加工がされていて振ってある記号通りに合わせる

ENGINEERING BLOG

クロス工事完了

日光市H様邸のクロス工事完了したので確認に行きました。リビングのアクセント壁です、タイル調のクロスを使用しておりその上部には間接照明が入っています。クロスにはどうしても継ぎ目ができてしまいますが、上手く模様を合わせて貼ってあります。キッチン

ENGINEERING BLOG

仕上げ工事

壬生町O様邸の仕上げです。玄関収納の可動棚です。上から3段は左右でわかれていて互い違いに出来るような設定になっています。靴や物のサイズによって高さを調節できるので収納にピッタリです。続いてはトイレのリモコン、紙巻器です。紙巻

ENGINEERING BLOG

建方

那須烏山市O様邸の建方の様子です。平屋の大きな家なので、沢山の大工さんがお手伝いに来てくれました。前日の準備の様子です。柱や梁をそれぞれ振ってある番号や記号順に並べて組みやすいようにしておきます。日差しと少しの雨を防ぐためにブルーシートで屋

ENGINEERING BLOG

配筋検査

下野市K様邸配筋検査です。配筋検査は第三者機関による検査で、構造計算された図面通りの配筋になっているかチェックします。建物の中心部に鎮物をお供えし各箇所の寸法を測っていきます。鉄筋は場所によりそれぞれ太さやピッチが指定されています。それが正

ENGINEERING BLOG

セルロース吹き

壬生町O様邸のセルロース吹きです。ノアホームで使用している天井断熱材の施工の様子です。天井断熱は自社施工となるので工務部3人で実施しました。凝縮された断熱材を粉砕機で砕き天井裏に吹き込んでいきます。天井裏ではホースを操り隅々まで吹い

ENGINEERING BLOG

クロス工事完了

小山市S様邸のクロス工事が完了したので、その確認です。LDKです、全体的に白のクロスで清潔感あふれる感じです。キッチン背面のカップボードがある壁はレンガ調のアクセントが貼られています。アクセントが際立つ仕上がりになっています。クッシ

ENGINEERING BLOG

仕上げ工事

壬生町O様邸の仕上げ工事です。外壁ですが、吹付が終わり全体が黒く仕上がりました。サッシの外枠も黒で全体が引き締まってみえます。また、アクセントの板張りがとても映えて見えます。続いて設備器具です。洗面化粧台が付きトイレも設置さ

ENGINEERING BLOG

木工事進捗

日光市H様邸の木工事進捗状況です。壁には断熱材が入り、天井の下地も組み終わっていました。先日建方をしたばかりなのにもうこんなに進んでいます。作業としては、床張りをしていました。1枚ずつ壁際から張っていきます。あえて継ぎ目を揃

ENGINEERING BLOG

クロス工事

小山市S様邸のクロス工事の様子です。まず壁や天井にクロスを貼る前の下地処理をします。ボードを留める為のビスや継ぎ目をパテで埋め全面を平らにします。肌色で点々としているのがパテです。すべての下地処理が終了し乾いたらいよいよクロス貼りで

ENGINEERING BLOG

建方

日光市H様邸の建方です。柱を立て梁・桁を組み母屋・垂木・野地板・ルーフィングシートといった順番で組んでいきます。天気予報が外れ朝から雨が降っていた為材料が濡れないようにと気を使いながら進めていました。建物内部の様子です。家を支えるた

ENGINEERING BLOG

塗装確認

壬生町O様邸の塗装工事の確認です。始めに玄関框です。今回はアイアンの框を使用しているので、取り付けた時点ではさび止めの色の赤色です。その上から黒で塗装しています。玄関がいっきに引締まったように感じれます。階段は踏板が濃いめの

ENGINEERING BLOG

木工事進捗確認

宇都宮市S様邸の木工事の進捗確認です。2Fはサッシが入り壁の断熱材が施工が終わり、天井の下地を組んでいるところでした。まだボードを張ってないのでどこに壁が来るかなどわからないですが、天井下地が組んであるので天井がどのくらいの高さになるかはわかります。

ENGINEERING BLOG

基礎着工

宇都宮市N様邸の基礎工事着工です。工事用看板や仮設電柱、ケアネットや仮設トイレなど仮設工事が終わりいよいよ基礎着工となります。配置図をもとに各境界線からの建物の離れを出す丁張という作業をし建物の正確な位置をだします。ピンクの糸が基礎外周の芯の位置に

ENGINEERING BLOG

クロス工事完了

壬生町O様邸のクロス工事が完了したので、その確認です。高所作業するために内部足場が架かっています。クロスのベース色は白で大半の壁、天井は白のクロスを使用しています。2F廊下と吹抜けの天井にはダークブラウン系の木目調クロスを使用しています。

ENGINEERING BLOG

木完検査

宇都宮市O様邸の木完検査です。造作の物やカウンターなどの高さや使用部材など工務とコーディネーターの目で確認をします。また、コンセントやスイッチの位置、照明の位置などの確認も行います。アールにできる箇所はほぼアールになっていて、オシャレな見た

ENGINEERING BLOG

仕上げ作業

宇都宮市M様邸の仕上げです。畳スペースに半帖畳が入り、とてもゆったりできるスペースになりました。ここで昼寝をしたり、読書をしたりゆったりとできます。また、腰壁があることにより来客の際に寝っ転がってるのを見られずに済みます。先ほどの畳

ENGINEERING BLOG

木完間近

壬生町O様邸の木工事が終わりそうなので確認にいってきました。1F、2F共に壁ボード張りや造作の棚やカウンター取付けが終わっていました。行ったときには可動棚用の棚板を切っているところでした。洗面室の鏡の枠や歯ブラシなどしまっておく棚です。

ENGINEERING BLOG

セルロース吹きと器具取付

宇都宮市M様邸のセルロース吹きと器具取付をしました。セルロース吹きが終わった後の小屋裏です。堆積しているグレーのものがセルロースファイバーで、古新聞などの再生紙を利用しています。施工すると全身粉末だらけになりますが、これをしないといい家にならないの

ENGINEERING BLOG

建方

宇都宮市S様邸の建方です。1Fには下がり床がある為基礎が露出している部分があります。かなりたくさんの柱が立っています。この下げ振りで柱が垂直に立っているかを計測します。垂直になっている柱同士で仮筋交いを付け建物を垂直にしています。

ENGINEERING BLOG

木工事進捗確認

小山市S様邸の木工事の進捗です。進捗としましては、2Fは造作以外が終わっており1Fの壁ボードを張っているところです。リビングの真ん中に大量に壁用ボードが積まれています。壁用ボードは開口部分を綺麗にくりぬきスッポリと納まるようにしています。

ENGINEERING BLOG

ウッドデッキ

那須烏山市A様邸のウッドデッキの施工進捗と仕上げをしてきました。デッキ自体は組みあがっていて、あとは手摺をつけ塗装すれば完成というところまで進んでいました。メーカー物と違い1から大工さんが組み上げていくウッドデッキとなっています。手摺はこの

ENGINEERING BLOG

セルロース吹き

宇都宮市T様邸のセルロース施工をしてきました。セルロースとはノアホームで使用している天井断熱材で、紙を再利用したエコな断熱材となっています。施工中の様子です。白い袋がセルロースファイバーが入っている袋です、これを粉砕機で細かくして使用します。

ENGINEERING BLOG

木完間近

宇都宮市M様邸の進捗確認です。リビングにあるスキップフロアがだんだんと形がみえてきてます。階段も、1F~スキップフロア・スキップフロア~2Fとつきました。続いて廊下です。枕棚が作成中でした、まだ奥のほうはボードが張られていません。

ENGINEERING BLOG

躯体検査と屋根葺き

壬生町O様邸躯体検査と屋根葺きです。躯体検査では、主に建築金物が図面の通りに入っているかの検査を第三者機関のJIOが行います。検査は金物の抜けもなく無事に合格となりました。続いて屋根葺きです。屋根材はガルバリウム鋼板という薄

ENGINEERING BLOG

防水検査

小山市S様邸の防水検査です。この検査は外部から雨水の侵入を防げるように施工されているかが主な検査項目となります。外壁に貼られている白いシートがノアホームで使用している透湿防水シートという防水シートです。文字の通り湿気を通して水がしみないシートとなっ

ENGINEERING BLOG

完成見学会準備

上三川町Y様邸の完成見学会前日の準備を行いました。同時に仕上げ工事も行いました。まずは、玄関・ポーチのタイル貼りを左官屋さんがしていました。タイル割りをきっちりと決めて無駄なく施工していました。施工後スポンジで洗うととっても綺麗なタイル床に

ENGINEERING BLOG

木工事進捗確認

壬生町O様邸の進捗確認です。始めに玄関です。広めな土間となっています。玄関は玄関なのですが、リビングとの仕切りはなく1つの大空間となっています。またお客様のご要望で、床面と土間面との高さを15㎝とちょっと低めに設定されています。

ENGINEERING BLOG

仕上げ工事

那須烏山市A様邸の仕上げ工事です。主に可動棚の取付けなどを行います。まずはLDKからです、カップボードの棚を取付けしました。キッチン背面は板張りになっており、全体的に木の温もりを感じられます。吹抜けです。3本の化粧梁が見えて

ENGINEERING BLOG

仕上がり確認

宇都宮市T様邸の仕上がりの確認です。外壁は黒の鉄板をベースにアクセントとして板張りと塗壁があります。黒の外壁と板張りが合っててかっこいいですね。リビングはとても大きな吹抜けになっています。白のクロスをベースにアクセントとして東面と天

ENGINEERING BLOG

木工事進捗

宇都宮市M様邸の進捗確認です。玄関収納が付きました。棚は可動式なので最後に取付けします。また玄関にはニッチが付きます。壁ボードを張る際に一緒に造ります。リビングにあるスキップフロアです。腰壁の下地までできてい

ENGINEERING BLOG

仕上げと社内検査

上三川町Y様邸の社内検査と仕上げ作業です。担当営業、コーディネーター、工務の計7人で社内検査を行いました。主に仕上がりや傷等がないかをチェックします。また、完成見学会を開催するので家具を搬入しました。リビングにある畳スペースには畳が

ENGINEERING BLOG

木完検査

宇都宮市T様邸の木工事が完了しましたのでその確認です。まずは玄関上がってすぐにある和室の小上りです。和室全体が床面から40㎝上がっていて腰掛けるのにもちょうどいい高さとなっています。また、下部には引出し収納が付いているので小物などしまうのにはちょう

ENGINEERING BLOG

社内検査

鹿沼市K様邸の社内検査をしてきました。お引渡し直前の仕上がりの検査です。ウッドデッキがついて、外溝の工事に着手したところです。白ベースの外壁に黒のラインが入っていてかっこいいです。玄関ポーチにはタイルが汚れないように養生として木板が敷いてあ

ENGINEERING BLOG

クレトイシ設置

宇都宮市O様邸のクレトイシというオシャレな窓の設置を手伝ってきました。窓を入れるために大工さんが加工した外壁です。上部のアーチがとても綺麗でさすがだなと思いました。クレトイシはこういった特殊な形の窓などを造っています。物はというと、

ENGINEERING BLOG

現場確認会

宇都宮市M様邸の現場確認会です。ここでは、構造体の説明やスイッチやコンセントなど配線の確認を現場でお客様と行います。構造体や使用部材の説明から行います。紙上や写真では伝わりづらい材料の質感など現場で見て触って説明します。1mほどのス

ENGINEERING BLOG

躯体検査

宇都宮市M様邸の躯体検査をしてきました。躯体検査は第三者機関のJIOの検査員さんが来て検査を行います。内容としては、耐震金物といわれる壁の耐力を出す金物が図面通り施工されているかの確認がメインとなってきます。建物の隅には基礎と躯体を繋げるホ

ENGINEERING BLOG

サッシ取付け

宇都宮市M様邸のサッシ取付の確認をしてきました。枠を先に取付け固定し、サッシを入れていきます。断熱性能の高い複層ガラスを使用しているので、結構な重量となっています。それを1つ1つ大工さんが手で入れていきます。掛け声をかけながら取り付けていま

ENGINEERING BLOG

木工事

宇都宮市M様邸の木工事です。先週建方を行いまして、耐震金物取付とサッシが入る壁の枠を施工していました。耐震金物ですが、構造計算をした際に必要な金物・位置・個数がでてくるのでそれをもとに取付けをしてもらいます。吹抜け部分です。

ENGINEERING BLOG

木工事進捗

宇都宮市S様邸木工事の進捗確認です。大きな進捗としては、階段が付きました。未塗装状態なので木そのものの色がでています。踏板や頭をぶつけそうな箇所には養生がしっかりとされていて、傷防止となっています。続いては吹抜け部にある間接照明にな

ENGINEERING BLOG

建方

宇都宮市M様邸建方です。建方の手伝いに行きました。大工さん5名とクレーンの運転手1名の6名+工務2名で行いました。雪のぱらつく中8時にスタートしました。下から順に組み上げていきます。1階の柱が立ち梁や桁がのって金物を入れてい

ENGINEERING BLOG

配筋検査

壬生町O様邸の配筋検査です。まず検査の前に、お供え物を建物の中心に置きます。配筋検査は第三者機関による検査となるので、JIOという検査機関の検査員さんが来てくれます。事前に渡してある配筋の図面を基に検査が進んでいきます。主な

ENGINEERING BLOG

木完検査

那須烏山市A様邸の木完検査です。担当の営業、コーディネーターと工務2名でおこないました。コーディネーターは図面を手に、工務はスケールを手に進めていきます。造作の寸法などの確認を行っていきます。大体は合っているのですが、時たま図面の描

ENGINEERING BLOG OTHER

外壁吹付仕上がり確認

鹿沼市K様邸外壁が仕上がりましたのでその確認です。ベース色が白の仕上がりになりました。各部の養生もとれ仕上がり面がちゃんと確認できました。バルコニー内部も吹付で仕上げてありとても広く感じます。建物正面には斜めの壁がでていてそこまで屋

ENGINEERING BLOG

木完検査

鹿沼市K様邸木工事が完了しましたので、社内でのチェックです。キッチン背面のカップボードです。メーカー物と違って造作なので、棚の1段1段をしっかりと寸法など確認します。後から付く扉のかぶりなども考えて大工さんが造ってくれました。木完検

ENGINEERING BLOG

外壁、木工事進捗確認

那須烏山市A様邸の進捗確認です。外壁工事は下から張っていき、半分まで終わっていました。サイズ調整はもちろん、配管やサッシに合わせて切り抜きをして張っていくので時間がかかりそうでした。西側と南側には広いデッキが付きます。その上部の屋根が仕上が

ENGINEERING BLOG

木工事進捗確認

宇都宮市T様邸の木工事の進捗確認です。天井のボードを張るための下地【野縁】の施工をしていました。ノアホームの基本的な天井高さは2.4ⅿになります。それにボード分の厚みを足した高さ(2,409.5㎜)になるように野縁を施工していきます。よく見

ENGINEERING BLOG

木完検査

上三川町Y様邸の木工事が完了しましたので、社内での木完検査です。担当営業・担当コーディネーター・工務部の立ち合いで検査を行います。内容としては、造作の位置や寸法の確認がメインとなってきます。1つ1つ図面を見ながらしっかりと確認していきます。

ENGINEERING BLOG

クロス工事

宇都宮市T様邸のクロス工事です。クロス工事の様子です。切っては貼っての繰り返しの作業ですが、継ぎ目の処理や階段など凹凸がある箇所の処理をしながらの作業になります。間接照明が付く場所ですが、少し遠くから見ると奥の壁が見えます。狭い空間

ENGINEERING BLOG

地縄張り

2件の地縄張りをしてきました。地縄張りとは、簡単に言ってしまうと建物の位置出しになります。建物の4方の位置を配置図をもとに実際の敷地に出しそれをロープで結びます。雪解けの影響で地面がぐちゃぐちゃでした。2件目です。南にある建

ENGINEERING BLOG

土間打ち

宇都宮市M様邸です基礎の打設が完了し、玄関の土間とテラスの土間打ちも終わりました。まずは玄関部分ですが、、、ご覧の通り雪や雨から守るための養生がされていました。コンクリートが乾く前に水分を大量に吸ってしまうと強打が落ちてしまいます。

ENGINEERING BLOG

配筋検査・・・

宇都宮市M様邸 基礎の配筋検査です。基礎は鉄筋コンクリートでできています。なので鉄筋を組んだ際に間違いが無いかの確認として配筋検査というものがあります。コンクリートの中に埋める形にはなってしまいますが、この土地と建物を護っていただくために設

ENGINEERING BLOG

木工事進捗確認

那須烏山市A様邸の進捗確認です。外部ですが、耐力を持たせる為のハイベストウッドが1周ぐるっと張り終わっていいました。雨の侵入を防ぐためのビニールシートが張ってありサッシなどは見えませんが、1F、2F共にサッシがはいっていました。屋根は旭ファ

ENGINEERING BLOG

年末の現場掃除

本日は年末の全現場の整理整頓と清掃をしてきました。建物外周のごみ拾いや資材置き場の整理整頓、建物内外の掃除をしました。資材にブルーシートをかけ雨対策をしたり、足場の下に敷いてあるブルーシートを張りなおしたりしてました。また、産廃コンテナ内の

ENGINEERING BLOG

クロス、左官工事進捗確認

宇都宮市H様邸の進捗確認です。玄関です。ここは玄関と廊下が塗壁で仕上げてあります。クロスと違って立体的なので光の角度によって見え方が変わってきます。また、ニッチには大谷石を使用しており玄関入ってすぐがとても鮮やかです。この大

ENGINEERING BLOG

セルロース吹き

鹿沼市T様邸セルロース吹きをしてきました。窓際に積んであるのがノアホームで毎回使用している天井断熱材のセルロースファイバーです。今回は15㎏×30袋ありました。まずは準備からです。小屋裏に入り、明かりを設置しホースなどをあげます。

ENGINEERING BLOG

足場架け

那須烏山市A様邸足場架けです強風の中の作業でした。午後に進捗を確認に行ったのですが、足場自体は組みあがっており落下防止のネットを張り始めた所でした。しっかりと組んであるのですが、どうしても上のほうは揺れます。横には建方で使用する材料

ENGINEERING BLOG

クロス工事完了

鹿沼市T様邸のクロス工事が終了したので、その確認です。まずは寝室のアクセント壁です。縦縞模様のクロスを一面にだけ貼っています。継ぎ目で違和感が出ないように模様をぴったりと合わせてくれています。また、縦縞模様が床と垂直になるようにもしてくれて

ENGINEERING BLOG

仕上げ

さくら市K様邸の仕上げ工事です。内外部の工事が終わりいよいよ最後の仕上げです。照明やトイレのリモコンの取付けや可動棚の取付けを行います。こういった物干し用の吊具も取付けをおこないます。この最終の仕上げはノアホームの工務が行います。

ENGINEERING BLOG

クロス工事

宇都宮市H様邸のクロス工事の進捗確認です。工事に入ったばかりですので、下地作りをしていました。作業の様子です。ボードとボードとの隙間や釘を打った穴などにパテをかけて平らにしているところです。釘を打った箇所は無数にあるのでそれを埋めるのには根

ENGINEERING BLOG

完了検査

宇都宮市K様邸完了検査です。先日セルロース吹きが終わり、スイッチやコンセントなども付きました。画面端に指が入ってしまいましたが、デッキも付きました。完了検査ですが、まずは土地の境界杭の確認からです。道路との境界、隣地との境界の確認を

ENGINEERING BLOG

セルロース吹き

宇都宮市K様邸セルロース吹きです。セルロースとはノアホームで使用している天井断熱材です。このセルロースを吹く作業はノアホームのスタッフが行うのが伝統になっています。天井点検口から小屋裏に入り、下準備としてダウンライトの上部に壁に使用している断熱材(

ENGINEERING BLOG

左官工事

宇都宮市H様邸の左官工事です。今回の左官工事は外壁がメインでしたので、4人の職人さんが作業をしていました。モルタルを塗る際にはこのような金網を下地とし、その上にモルタルを塗りこんでいきます。作業の様子です。継ぎ目が出ないよう

ENGINEERING BLOG

土台敷き

上三川町Y様邸土台敷きです。基礎と躯体とを固定するためのボルトがにょきにょき生えてます。基礎の上に敷いてある黒いプレートは床下の通気を取るためのパッキンです。大工さんがボルトを通すための穴をあけている様子です。摩擦熱で木のいい香りが

ENGINEERING BLOG

左官工事と進捗確認

宇都宮市K様邸の進捗確認です。玄関と基礎廻りの左官工事を行っています。モルタルの下にはコンクリートが打ってありますが、より綺麗にする為とコンクリートにクラックが入らないようにモルタルで仕上げます。モルタル内の水分を飛ばすためにヒーターで乾か

ENGINEERING BLOG

建方後

鹿沼市K様邸建方後の木工事です。床板と屋根下地が張ってありハイベストウッドを張っているところでした。中にはこれから使う材料や工具がありますが、整理整頓されていて現場内はとても綺麗な状態です。軒先から土台まで斜めに部材が入っています。

ENGINEERING BLOG

クロス工事後

さくら市K様邸のクロス工事が終わったので確認に行きました。パテをかけ凹凸をなくしてからクロスを貼るので、とても綺麗です。真っ白の中にアクセントとして一面だけ色を変えてあります。クロスの継ぎ目がわからないくらいぴったり貼られています。

ENGINEERING BLOG

建て方

鹿沼市のK様邸です。本日建て方でした。綺麗な青空です。柱を立てて、梁を架けていきます。今回は化粧梁が多いので、慎重に。。。棟梁がしっかりと垂直を確認しています。さげ振りの写真を撮らせてもらいました。

ENGINEERING BLOG

木完検査

宇都宮市H様邸の木完検査です。玄関入ってすぐにあるニッチのサイズ、取付位置の確認をしています。ニッチにはダウンライトが付きそのライトが見えないようにとコーディネーターがこだわっていた箇所になります。基本的に取付位置やサイズは間違わないですが、図面の

ENGINEERING BLOG

クリーニング後・・・

宇都宮市建売住宅のクリーニング後最終仕上げに行きました。産廃コンテナも回収してもらい、コンセントや照明に電気が通る状態になりました。可動棚の取付けや小さな傷の補修等も行いました。クリーニングが終わってるので、なるべく木くずなどを出さないよう

ENGINEERING BLOG

進捗確認

宇都宮市T様邸の進捗確認です。断熱材が入りサッシの枠が付いていました。大きい開口をとっているので、サッシの大きさも大きいです。吹抜け上部にも大きなFIXがあり、東と南からの太陽の光がたくさん入ってきて明るい空間になると思います。今は

ENGINEERING BLOG

進捗確認

宇都宮市建売住宅の進捗確認です。外部はバルコニー手摺や設備を付ければ完成です。黒ベースの外観に白のアクセントがありいい感じですね。キッチンも入り壁や床、天井も仕上がっています。内部は白色がベースでアクセント壁があったり、造作の木があ

ENGINEERING BLOG

器具の取付け

お引渡し後の器具取付です。お引渡しはしましたが、お引越し前ですので器具の取付けをしました。トイレ内の棚です。既製品はあるのですが、手作り感をとのことで板を加工し金物も選び取付けをしました。他にもスイッチや紙巻き器も付けました。

ENGINEERING BLOG

進捗確認

宇都宮市H様邸の進捗確認です。始めに玄関入ってすぐにあるニッチです。コーディネーターとお客様で決めた位置、高さ等ぴったりでした。ここにはダウンライトが入るので玄関くぐってすぐのとてもいいアクセントだと思います。続いて階段です。

ENGINEERING BLOG

材料確認

鹿沼市T様邸の造作で使用する部材の確認です。玄関ドア開けてすぐのところにありました。数枚の板がきれいに梱包されています。階段の手すりです、集成材なのでF☆☆☆☆のマークが入っています。これは玄関収納に使う部材です。棚

ENGINEERING BLOG

躯体検査

宇都宮市T様邸躯体検査です。躯体検査は第三者機関の検査員の方が来て、金物が決められた位置に付いているか、留めるためのビスの本数などを検査します。では金物の紹介です。左がシナーコーナー、右がコンパクトコーナーです。金物はすべてタナカと

ENGINEERING BLOG

木完検査

さくら市K様邸木完検査です。木完検査です。シューズボックスの高さや奥行、取付け位置の確認です。続いて和室の収納です。ここも高さや奥行を確認します。続いては階段下収納です。今は付いていませんが、可動棚がつきます

ENGINEERING BLOG

進捗確認+シャッター打合せ

宇都宮市T様邸進捗確認とシャッターの打合せです。ハイベストウッド、筋かい、間柱それらを留める金物が付いていました。吹抜け部です。まだサッシが付いていないので、開口部はビニールシートで覆われています。吹抜けは東面にありこの開口なので、

ENGINEERING BLOG

木完検査

鹿沼市T様邸木完検査です。木完検査では、工務部全員とコーディネーター、営業が立ち会う社内での検査です。コーディネーターが図面を見ながら各部の寸法やイメージ通りかを見ていきます。ニッチの高さを見ているところです。造作が図面通りの位置に

ENGINEERING BLOG

防水検査

宇都宮市H様邸防水検査です。この検査は第三者機関にお願いしているので、検査官の方が来てくださいます。外壁側に貼る透湿防水シートの重ね代が正しいか、穴が空いていないかや配管廻りに防水テープを貼っているかなどを検査していきます。このように配管が

ENGINEERING BLOG

木工事進捗確認

さくら市K様邸の木工事進捗状況です。まずは階段と階段下収納です。階段下のスペースって意外と使いづらいですよね。そんな思いもこれで解決です!ノアホームでは造作を多く取り入れています。その1つとして階段下収納です。難しい三角の棚

ENGINEERING BLOG

建方

宇都宮市Y様邸建方です。このお客様は、2世帯住宅での設計依頼でした。2階の床板を張り小屋組みを組んでいる状況です。建物の真ん中が屋根で繋がってないのがおわかりでしょうか?ちょうどそこがバルコニーとなっており、両世帯からア

ENGINEERING BLOG

透湿防水シート張り

宇都宮市H様邸、透湿防水シート張りです。透湿防水シートとは、壁内の湿気を外に逃がす役割と雨水が侵入し躯体(柱や梁)を濡らし腐らせるのを防止するためのシートです。これには決められた張り方があり、シートを張る職人さんはその決まりを守りながらとて

ENGINEERING BLOG

仕上がり確認

那須塩原市M様邸、社内検査を行いました。社内検査では内外部の仕上がりの確認や、傷や凹み等が無いかの確認をします。2階ホールからの写真です。この家のテーマが「ねこと暮らすイエ」ということでリビングからの吹抜けにはキャットウォークを造りました。

ENGINEERING BLOG

外壁、軒天張り

宇都宮市建売住宅の外壁、軒天張りを行いました。外壁のサイディングを張った写真です。この材料は最後に吹付けを行います。現段階では白っぽいですが、今回は黒の塗料を使いますので外壁は黒となります。続いて軒天を張っている様子です。

ENGINEERING BLOG

建て方

宇都宮市 K様邸です。本日建て方を実施しました。上から見るとよく分かりますが、南の方に柱が少なくなっています。LDKが吹き抜けを含む大空間となっているためです。広々としたリビングになるのが楽しみですね。そ

ENGINEERING BLOG

建て方

鹿沼市T様邸です。本日、建て方です。朝からJアラートが鳴っていましたが、大工さんはその時はすでに運転中だったようで、いつも朝早くからありがとうございます。Jアラートにも負けず、いつものように建て方開始です。手際よく柱を立てていきます

ENGINEERING BLOG

JIO躯体検査…。

那須塩原市のM様邸です。今日は、瑕疵担保責任保険の躯体構造体検査です。基準法や各規程、設計図書通りに現場が出来ているかの総合チェックを受けます。検査員さんの厳しいチェックの始まりです!現場は、耐力壁に面材や筋交いを使っていま

ENGINEERING BLOG

屋根仕上げ葺き…。

那須塩原市のM様邸です。本日は屋根仕上げ葺き工事になります。大工さんには追加詳細図面打ち合わせです。 ガルバリウム鋼板縦平葺きです。機械折りと現場折りと技術が光る施工です!特に煙突廻りは厳重な防水施工を施します。画像

ENGINEERING BLOG

基礎配筋検査…。

さくら市のK様邸です。今日は、基礎配筋検査日です。瑕疵担保責任保険会社のJIOの検査です。外周立上りまでの一体枠です。地鎮祭時の「鎮め物」の埋納も行いました!生コンで見えなくなる鉄筋は重要箇所の画像保存は欠かせません

ENGINEERING BLOG

建て方

上三川町のG様邸です。台風も近づき、天候も心配された本日。棟梁のやる気が伝わったのか、雨も上がって無事建て方をスタートできました。早速一本目の柱が立ち上がります。柱が立ち上がり、クレーンで梁を吊り上げます。広いリビングの天井

ENGINEERING BLOG

建て方…。

那須塩原市のM様邸です。本日、お日柄も良く「建て方」を行いました‼‼ 朝一から、柱立てを行い1階桁梁をクレーンを駆使して乗せ、横架材金物の羽子板ボルトで緊結中です。その後、剛床工法の為、28mmの構造用合板を既定