Blog
Event

クロス工事

小山市S様邸のクロス工事の様子です。

まず壁や天井にクロスを貼る前の下地処理をします。

ボードを留める為のビスや継ぎ目をパテで埋め全面を平らにします。

肌色で点々としているのがパテです。

すべての下地処理が終了し乾いたらいよいよクロス貼りです。

予め採寸をしておき、それぞれの長さでカットをします。

この機械は数値を入力するとその長さで出るようになっており、

同時に裏面に糊付けをしてくれる機械です。

カットができたらいよいよ貼っていきます。

大きい面から貼っていき窓や突起などある場合は綺麗にカットしてくりぬきます。

継ぎ目はクロスを重ねて切ることで綺麗にできていきます。

施工後どこで継いだかわからないほどの仕上がりとなります。

続いては樋の施工です。

シルバーの金物が横に伸びる軒樋の受け金物で、白い金物が縦に伸びる竪樋の受け金物です。

軒樋の金物は前後に調整ができるのでしっかりと屋根からの雨水を受けれるように施工されます。

足場に乗っている2本のパイプが竪樋です。

外壁に合わせて色を選択しています。

あえて色を変えてみるのもアクセントになっていいかもしれません。

 

内部、外部共に段々と仕上がりがみえてきました。

器具がついたりして仕上がりを確認するのが楽しみです。

関連記事一覧