Blog
Event

木完検査

那須烏山市A様邸の木完検査です。

担当の営業、コーディネーターと工務2名でおこないました。

コーディネーターは図面を手に、工務はスケールを手に進めていきます。

造作の寸法などの確認を行っていきます。

大体は合っているのですが、時たま図面の描き方やとらえ方で間違ってしまうことなどがあります。

1か所ずつチェックし図面にもチェックを入れていきます。

棚など造作を違った目線から見ると大工さんの工夫がほどこされていて自分は楽しいです。

影になってしまい見づらいかとは思いますが、キッチンの腰壁です。

今回は木板を張って仕上げてもらいました。

木は切られていても呼吸をするので伸縮したり反ってきたりもします。

季節による変化がでてくるのも木の楽しみの一つかなと思います。

 

クロス工事がはじまるので、クロスによってどのような仕上がりになるのか楽しみです。

関連記事一覧