Blog
Event

木工事進捗

日光市H様邸の木工事進捗状況です。

壁には断熱材が入り、天井の下地も組み終わっていました。

先日建方をしたばかりなのにもうこんなに進んでいます。

作業としては、床張りをしていました。

1枚ずつ壁際から張っていきます。

あえて継ぎ目を揃えないことで、フローリング材との違いを表しています。

床材にはこのような凹凸が付いており、反ったり浮いたりを予防しています。

また下に溝があることでボンドの接着面を増やしていてさらに見えない所を釘で留めているので

ずれたり隙間ができたりが少なくなっています。

床材とクッションフロアの下地板との継ぎ目です。

この上には引戸がくるのですが、ちょうどよく扉で隠れるような施工をしています。

見切り材もいいのですが自然と見切れているのもいいと思います。

関連記事一覧