Blog
Event

透湿防水シート張り

宇都宮市H様邸、透湿防水シート張りです。

透湿防水シートとは、壁内の湿気を外に逃がす役割と雨水が侵入し躯体(柱や梁)を濡らし腐らせるのを防止するためのシートです。

これには決められた張り方があり、シートを張る職人さんはその決まりを守りながら

とても綺麗に張っていきます。

このシートの固定にはタッカーというホチキスのようなものを使い

バチンバチンと留めていきます。

配線や配管が出てくるところは穴をあけ、強力なガムテープのような防水テープで穴の廻りをふさぎます。

この透湿防水シートの上に外壁材が来ますが、直接は張りません。

なぜなら透湿防水シートから出る湿気を逃がさなくてはいけないからです。

なので施工順は、透湿防水シート→通気胴縁(湿気の通り道を作る部材)→外壁材となっています。

最後にこちらのお宅は坪庭がありそこを上から見た写真です。

坪庭は外部になるのでその周りの外壁にもシートを張ります。

どこからの雨水も侵入を防ぎ、長持ちする家づくりをしています。

この後外壁を張っていき、いよいよ外観の全体が見えてきます!

関連記事一覧