Blog
Event

配筋検査

壬生町O様邸の配筋検査です。

まず検査の前に、お供え物を建物の中心に置きます。

配筋検査は第三者機関による検査となるので、JIOという検査機関の検査員さんが来てくれます。

事前に渡してある配筋の図面を基に検査が進んでいきます。

主な内容としては、鉄筋の入っているピッチや継ぎ手部分の長さ、立上り部などの高さの測定です。

鉄筋の配置は耐震性能などをとるために場所によって本数や太さが違います。

そういった内容もチェックしていきます。

底盤部分の写真です。

ビニールから決められた高さまで鉄筋を上げなければいけないので、コンクリートのキューブをつかって

高さを維持しています。

とても細かくチェックしてくださり、問題なく合格となりました。

細かくチェックしてくださったので、こちらも安心できます。

 

検査に合格できたので、次はコンクリートの打設です。

関連記事一覧