Blog
Event

配筋検査

下野市K様邸配筋検査です。

配筋検査は第三者機関による検査で、構造計算された図面通りの配筋になっているかチェックします。

建物の中心部に鎮物をお供えし各箇所の寸法を測っていきます。

鉄筋は場所によりそれぞれ太さやピッチが指定されています。

それが正しく配筋されているか見ます。

続いては外周部の立上り箇所です。

グレーの円盤がついていますが、これは型枠からの離れを出すためのスペーサーです。

コンクリートを打つ際は外します。

全体像ですが、建物外周に型枠が組まれています。

内部の立上りの上に壁が来るわけではないので、まだ間取りがあまりつかめないです。

型枠の下にあふれているように見えるコンクリートは、

捨コンといい墨だし(寸法を1/1で書く)の為や水平をだすために打ちます。

梅雨の時期でコンクリート打設日など左右することがあるかもしれませんが、

頑丈な基礎が出来上がるのが楽しみです。

関連記事一覧