防水検査と外壁工事

ご報告が遅くなりましたが、先日JIOの防水検査に合格しました。

DSC_2222

外壁を施工する前に、建物をすっぽり防水シートで覆います。

このシートは、「透湿」防水シートということで、外からの水ははじき、

内側の湿気を外に逃がす性質があります。

これは、壁の中の断熱材を湿気から守るためにとても重要です。

 

 DSC_2330

外壁を張り始める前に、まずは防水シートの上に胴縁を取り付けます。

この胴縁の間の空間を風が通る事で、先程の透湿性をより効果的にすることができます。

一つ一つの工程に、建物の耐久性を上げる意味があるのですね。

関連記事