Blog
Event

こんなお話。。。

ミナサマ、営業のスズキです。年末近くなりましたね。もうすぐで、本年も終わりですね。
そう、こんな時に金融のお話になってしまいました。と、いう事で、お暇でしたら少し見ていってください。
ではでは・・・・
 フラット35 [emoji:v-116]』
住宅金融支援機構は、旧住宅金融公庫が特殊法人改革により廃止されたのを受け、2007年に設置された独立行政法人で、『 住宅ローン債権の証券化業務 』を通じて、低利で長期固定の住宅建設資金等を供給している。その主力商品が、 
                 『期間35年』の住宅ローン《 フラット35 》なんですね。
その仕組みは、「フラット35を取り扱う金融機関から、同債権を買い取り、それを担保として債券(MBS=住宅ローン担保債券)を発行することで、長期の資金調達を行い、民間金融機関による長期固定型住宅ローンの提供を支援する」(機構)もので、12年3月末までに買い取った債権の累計は10兆3139億円まで拡大している。いわば官民一体となって私達の夢である住宅取得を後押しする金融スキームなんですね(*゚▽゚*)
  
『 各社銀行 [emoji:v-22]』
各銀行さんの多くが12月から住宅ローン金利を引き下げを始めたのではないでしょうか。。。。長期金利が低下しているのに伴う措置で、当初10年間を固定金利にするローンの金利は前月から0・05%下がり、1・15〜1・3%と過去最低水準になっている。消費税増税を前にした駆け込み需要を考え、金利以外で他行との違いを出す動きも進んでいるんですね。
低金利競争に拍車をかけているのが平成26年4月に予定されている消費税引き上げですかね。来年9月までに契約を結べば、引き渡しが26年4月以降になっても現在の税率5%が適用されるため、各銀行さんとも駆け込み需要を考慮して色々なローンの種類を打ち出してくるのではないでしょうか  (´・ω・`)ふーん
さてさて、今回はマジメにお話となりました。色々細かい事や時代の流れなんかも左右してくるんですね。。。。
と、やっぱり、真面目なお話は嫌いですね(。-_-。)
では、また来週・・・
ちなみに(´∇`)<Merry☆Christmas
子供には、自転車を買ってみました

関連記事一覧