Blog
Event

やりくり上手な選び方

こんばんは、工務担当の相原です。
先週、越谷へ行った帰りに、長男がチャイルドシートから手品のように脱出を図ってから早1週間。このままでは命の危機と、さっそく新しいチャイルドシートを買いに行きました。
最近、店頭の目玉になっているのは5〜6万円するこのタイプ。

CIMG1363

CIMG1369

安いのを探してみても4万円くらいが限度のこのタイプは、新生児〜7歳ころまで使える固定タイプと、新生児〜4歳ころまで使えるシートが回るタイプとがあり、生まれてから長い間使える万能型なので、最近のパパママはこれを選ばれる方が多いのではと思います。
ただし、高い!えらい高い!
私の子どもが生まれた頃は補助金が出る自治体もありましたが、栃木市では産婦人科のママ検診の割引というありがた〜い別の特典があったために、チャイルドシートの補助金はありませんでした。
てことはモロに5万円が必要になるし、回るタイプに限っては道路交通法で着用義務が定められている6歳の誕生日を迎えるまで使えないというやるせなさ…。
さらに、2人目の子供を2年後に考えていた相原家では、長女が6歳になるまで待てない状況に、こんな高いのを2台も買うのか!?という敗北感。
という事で、トイザラスで商品ラインナップを見ながら相原さんはひらめきました。
そして購入したのがコレ。
CIMG1381.jpgCIMG1384.jpg
新生児〜1歳半ころまで使えるコレ。上の部分と下の部分が取り外し出来て…、
CIMG1388.jpg
こんな感じで持ち運びできます。値段は確か下の台込みで2万円くらい。(いつも曖昧ですみません。。。)
ちなみに、後ろに見切れているが長男(笑)
そして、その見切れている長男が生まれる前に長女はコレに乗り換え。
CIMG1367.jpg
1歳〜11歳ころまで使えるコレ。値段は2万円以内で、新生児の時期さえ乗り越えてしまえば長く使えてしまう比較的格安なシートで、最近までこの2台でやりくりしていました。2台の合計、締めて4万円以下というナイスなひらめきでした!
と前置きが長くなりましたが、お姉ちゃんからのお下がり品から脱出を図ったボクのために、チャイルドシートを買うことになったのですが、今回買った代物がコレ。(赤い方)
CIMG1371.jpg
座面だけのシートで、3歳ころから使えるコレ。2千円でお釣りが帰ってくる!
というわけで、またもやお姉ちゃんのお下がりに甘んじる長男(1歳4ヶ月)なのでした。
家をご検討されて当社に来ていただけるお客様は、ちょうどお子さんが小さい同年代の方が多いですよね。家を建てる資金を見て頭がクラッとなってしまった私と同じように、生活の中で少しでも節約したい!と考えている方の参考になりますように。
(長文なのに読んでいただきありがとうございました。。。)

関連記事一覧