セルロースファイバー…。

今日は、工務2名で自社施工の小屋裏断熱材の吹き込みを行いました‼

 

「セルロースファイバー」と言う古紙を再利用した断熱材です。

 

断熱材の性能うんぬんよりも繊維系断熱材より施工がきっちり出来るメリットが
高いと考えています。
繊維系断熱材は必ず天井下地材との間に隙間をつくり断熱欠損を起こしますが、
ブローイング工法断熱材は、欠損となる隙間をつくらず性能を発揮出来る最大の
メリットがあります。

20151029_085601 20151029_085617

空っぽの2階の天井上、小屋裏空間です!

20151029_114840 20151029_114845

断熱材吹き込み完了です。

 

 

 

 

関連記事