Blog
Event

今更ですが・・・

ミナサマ、ドーモ、営業の スズキ です。
今更なのですが・・・今回は、住宅ローンのタイプ、メリット、デメリット の お話(´・ω・`)
■ 住宅ローンの金利タイプは?
代表的な金利タイプには、次の3つのタイプがあります。
☆全期間固定金利型
借入時の金利が全返済期間を通じて変わらない。
【メリット】
○借入後に金利が上昇しても、金利変動の影響を受けず返済額が変わらない
○借入時に返済期間全体の返済額が確定、返済計画が立てやすい
【デメリット】
●借入後に金利が低下しても、返済額が変わらない
☆変動金利型
適用金利が半年に1回見直される。(定期的に金利が変動する。)ただし、毎月返済額の変更は5年ごとで、その間に適用金利が変動すれば、返済額を変えずに元金と利息の割合を調整する。
【メリット】
○借入後に金利が低下すると、返済額が減少する
【デメリット】
●借入後に金利が上昇すると返済額が増加する
●将来の返済計画が立てづらい
☆固定金利期間選択型
『当初○年間○%』など、一定期間の金利が固定される。一定期間終了後再び、固定金利期間選択型か変動金利型に切り換えるかを選択できる。
【メリット】
○期間中は金利変動の影響を受けず返済額が変わらない
【デメリット】
●期間終了後に金利が上昇すると、返済額が増加する
●期間終了後の返済計画が立てづらい
いかがでしょうか?あくまで、代表的なタイプの案内です。各金融機関、ローンの種類も様々です。
やっぱり常々お話させて頂いてるのですが、お支払いしていかれるのは、住宅取得者なんですね。60歳、65歳になった時の残債は幾らなんでしょうか?そんな先の長いお話を最近はさせて頂いております。資金計画は一番重要な気がいたします。
ハァ(´Д` )・・・何で、毎回スズキのブログはこんなお堅い感じなのでしょうか・・・
次回までにはゆっくりネタ(・∀・)を探してまいります。
今回お話させて頂きましたが、是非参考にしていただければと思います。知ってるようで知らないこと、沢山ありますよね。ご相談だけでも、是非お越しください。
ではでは、また来週

関連記事一覧