暖かい冬。涼しい夏。
ライフスタイルを重視したデザインで快適に過ごす

構造躯体

ベタ基礎

ベタ基礎とは基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎。家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。地面をコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリも侵入しにくくなる基礎。

木造軸組工法

木造軸組構法は、建築構造の木構造の構法のひとつです。日本で古くから発達してきた伝統工法を簡略化・発展させた構法で、在来工法とも呼ばれています。ノアホームの、より自由な設計をする上で制限が少なく、理想の間取りをつくるには最も適しています。

断熱

断熱材 [屋根裏・壁]

「発砲ウレタンフォーム」を使用することで断熱性能の高さはもちろん、発泡することにより現場の形状にぴったりと密着するため、「気密性」の高い施工を実現します。 自己接着力により末永く断熱性能を維持。シックハウスの原因となる素材が0。屋根裏:290mm、壁:90mmを吹き付け施工。

断熱材 [床下]

A種押出法ポリスチレンフォーム3種は、冬の寒さはもちろんのこと、夏の暑さにも強力に断熱効果を発揮します。また、温度を一定に保つことで冷暖房のエネルギー消費を抑える効果があり、室内環境だけでなく省資源や温暖化防止にも貢献します。

耐震

通常3階建て以上の建物でしか義務づけられていない「構造計算」(=安全性の数値化)を全棟で実施し、耐震等級2相当の耐震性を確保しています。*ご要望により耐震等級3相当や公的証明書の発行を致します。(別途費用) また、地震対策として木造住宅用制震ダンパー「ミューダム®」(国土交通省認定)をご用意しております。

定期点検

家は、建てる事がゴールではありません。何年経っても快適であり、頼もしく家族を守ってくれる場所であるために、ノアホームでは様々な保証とメンテナンスサービスをご用意しています。お引き渡しから6ヶ月目はノアホームのスタッフにて点検します。その後1年・3年・5年・7年・10年は第三者機関である、日本住宅保証検査機構(JIO)が公平性を持って点検します。