「好き」を詰め込んだ家

「好き」を詰め込んだ家

もともと、ご両親と隣同士で暮らしていたTさん。それぞれ築40年ほどの戸建て住宅だった。家の近所に約100坪の土地が売りに出ていたため、まず土地を購入。その時点では、家づくりを考えていなかったという。「家は、子どもがある程度大きくなってから建てればいいかな、と考えていたのです」。そんな時、ノアホームの社長から「家を建てるなら、お子様が小さなうちに建て、一緒に楽しく暮らせるようにした方がいい。家は家族の歴史や思い出を刻んでいくものですから」とアドバイスを受け、家づくりを決意。お母様の「“今の時代”の新しい家に住みたい」というひと言も背中を押したという。Tさんが実現したのは、完全分離の二世帯住宅。1階に設けた通路とバルコニーで両世帯が行き来できるようにした、ほどよい距離感が魅力だ。さらに子世帯リビングには開放的で、家族の気配をいつでも感じられる吹き抜けを設け、大きな開口から愛車を眺められるようにしている。床や天井に無垢材を使ったLDKは、自然素材の温もりを感じられるのが気に入っているという。「住み心地は、とてもいい。デザインや間取りはもちろんですが、住宅性能の高さに驚いています。開口部が多いにもかかわらず、暑い夏でもエアコンをほとんど必要としないほど。今から冬も楽しみなんですよ」と微笑むTさんだ。

工夫が詰まった家

明るいリビングで家族とくつろげること。忙しい時でもキッチンで料理をしたい思える場所。多くの思い出を今以上につくれるお家になりました。外壁はメンテナンス性を重視したSimpleな”白”のガルバリウム。中に入るとファミリーロッカーがあり整理整頓することを意識する様に。キッチンからはリビングや和室を見渡せるママのお気に入りの場所。そしてNatural色合いと足触りが良い無垢パインの床。

明るくて、居心地がいいブルーのドアがある家

シンプル”可愛い”お施主様のイメージいっぱいの「家族の好きを詰め込んだシンプルな家」オレンジ色の屋根やバイク好きなご主人のヘルメットスペース。2Fは家族全員が好きな本を収納できるカウンター一体型の本棚。子供室のドア上部には赤と青のガラスブロックを。遊び心も造作もいっぱいで4人家族にちょうどいい、シンプルナチュラルな家。